ホーム pan お知らせ pan お知らせ2015年 pan

お知らせ2015年

大分県とエデュアス 障がい児の学習・生活支援で共同研究

2015年4月15日
大分県(知事:広瀬 勝貞)と、株式会社エデュアス(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 宏明、以下「エデュアス」)は、2015年4月1日(水)より、情報端末機器を活用した障がい児の学習・生活支援を目指し、共同研究を開始します。

大分県は本研究で情報端末機器を有効活用し授業の質を向上させることで、特別支援学校の児童生徒が、
障がいによる学校内外での生活上の困りを解消するとともに、児童生徒の将来の社会的自立に向けたバリアフリー化を目指していきます。

エデュアスは、これまで東京大学先端科学技術研究センター(所在地:東京都目黒区、所長:西村 幸夫)と共に情報端末を活用した障がい児の学習支援を推進してまいりました。大分県との共同研究では、大分県教育委員会および研究協力各校と共により具体的な事例について情報端末をはじめとするICT機器の活用の可能性を研究し、障がい児の社会参加の機会拡大を推進してまいります。

2015年度の大分県共同研究校は以下のとおりです。

 盲学校
 別府支援学校鶴見校
 臼杵支援学校

なお、このたびの共同研究は、東京大学先端科学技術研究センターの協力のもと行われます。

情報セキュリティポリシー
line
個人情報について
line
サイトポリシー
line
お問い合わせ